phone iconHospital Hotline Call : +855 (0)23 991 000 / +855 (0)12 991 000

Should I go on the PSA screening test?

I have been practiced in Urology office so far. A simply consulting from the other departments is about-the references of PSA value from the screening test. This kind of problem made the patients suffered a lot, especially psychological harm and I spent a bunch times to explain them for what is the big deal? Let me update you guys on PSA screening program.

If we questioned that “what kind of cancer screening test is the most concern in the world?” The answer is “Cervical cancer screening program” but what about prostate cancer? The answer is “not necessarily” I will tell you why.

In 2018, there was a very famous literature from USA studying on the PSA screening test recommendation and they concluded that not everyone should go on this screening test, if you do it, a little benefit for screening in age group 55 – 69 years old. Surprise? Let me tell you for the whole deals.

PSA is an abbreviated from “Prostate Specific Antigen” which is enzyme that specifically produced in the prostate. This enzyme’s function is to liquefy semen from Gel-like into liquid after ejaculation. PSA is riched in the prostate tissue and low in concentration in the blood stream so that is mean any events that make prostate tissue breakdown, this enzyme enter the serum and was detected by the PSA blood test. The conditions for example, benign prostatic hyperplasia, prostatic infection and some minor manipulation can be raised this value which is called “False-positive” test.

Let’s get back to the famous US paper, the purpose of prostate cancer screening is trying to figure out the high-risk localized cancer that can be successfully treated. Why we don’t care about low-risk cancer? The answer is very simple, literally, you will die from the other causes before this cancer harm you. Mostly, the prostate cancer has no symptoms and the autopsy studied shown up to 33% of men who died from the other causes have been found prostate cancer. If we pay attention with the high-risk cancer, it’s only around 1 from 1,000 screening men will get benefit from the screening test and has no benefit when screening in men who are 70 years old up.

Tons of harmful unnecessary PSA screening test had starting with when patients got false-positive PSA result. First of all is a psychological disturbance, next they may suffer from the complication of prostate biopsy such as a painful, a bloody urination, a bloody ejaculation and infection and it is not including complication from other prostate removal operation like erectile dysfunction and urinary incontinent.

So what should we do? If you are male and in the age group of 55 – 69 years old, you better discuss with your primary doctor and make a decision together in advance. It is your choice! If you got a problem or you have a question, please come to see me at my office.

我应该做PSA(前列腺特异抗原)筛查吗?

我在泌尿科已有很多年的工作经验, 来自其他部门的常见咨讯是关于筛查测试中的PSA参考值。这种问题使患者受到很多痛苦,尤其是心理伤害。我花了很多时间向他们解释关于这个问题 “我们必要做前列腺特异抗原检查吗?。 由此我向大家介绍一下上述的问题如下。

如果我们质疑“世界上最关注哪一种癌症筛查测试?” 答案是“宫颈癌筛查”,那么前列腺癌呢? 答案是“不重要的”下面我会告诉您为什么。

2018年,美国非常有名的文献对PSA筛查测试,而建议进行了研究,他们获得结论提示,并不是每个人都应该进行PSA筛查测试。如果您做PSA筛查的活,就于55-69岁年龄组筛查是有点好处的。 惊讶吗? 让我告诉您全部的关键问题。

PSA是“前列腺特异抗原”的缩写,它是一种在前列腺中特异性产生的酶。 这种酶的作用是在射精后将精液从凝胶状液化为液体的。 PSA富含在前列腺组织和低浓度的血液中。因此,意味着任何事请使前列腺组织分解的,该酶进入血清,并被检测到,通过PSA血液检查。 例如,良性前列腺增生症,前列腺感染和一些轻微操作等情况均可提高该值,称为“假阳性”测试。

那么,我们回到美国著名的报纸,前列腺癌筛查的目的就是试图弄清楚癌症高风险,并可以治疗成功的。 为什么我们不在乎低风险的癌症? 答案很简单,从字面上看,在这种癌症伤害您之前,您将死于其他原因。 大多数情况下,前列腺癌没有任何症状,经过尸检研究出现,33%因其他原因死亡的男性被发现患有前列腺癌。 如果我们关注高危癌症,那么在1,000名筛查男人性中只有1名会从筛查测试中受益,而对70岁以上的男性筛查则没有任何益处。

大量有害的不必要PSA筛查测试始于患者获得假阳性PSA结果时。 首先是心理障碍,接下来他们可能会遭受前列腺穿刺活检的并发症,例如疼痛,血尿,射血和感染,并且还不包括其他前列腺切除手术,如勃起功能障碍和尿失禁的并发症。

那我们该怎么办呢? 如果您是在55-69岁年龄组之间的男性,您最好与您的主治医生讨论并事先共同做出决定。 这是您的选择! 如果您有任何问题或疑问,请来曼谷皇家医院找我。

 

PSA(前立腺がん)スクリーニングテストを行うべきでしょうか?

私はこれまで泌尿器科で診療経験を積んできました。 他の診療部門からは、PSAスクリーニングテストのPSA値について診断の依頼があります。 そして何が診断、治療のために大事なのかを説明するためにたくさんの時間を費やしました。このPSA値の問題により、患者は多くの苦痛を受けました。その中にはとりわけ心理的な害もあります。 以下、PSAスクリーニングプログラムについてお話しします。

「どのようながん検診が世界で最も重要視されているのか?」と質問がある場合、答えは「子宮頸がん検診プログラム」です。では、「前立腺がんはどうですか?」 と尋ねられれば、答えは「必ずしも必要ではない」です。次にその理由を説明します。

2018年に、アメリカで、PSAスクリーニングテストについて、非常に著名な研究論文がありました。彼らは、すべての対象者について、このスクリーニングテストに参加する必要はない、と結論付けました。もし実施するなら、55歳から69歳のグループに多少のメリットがあるという結果でした。 驚きますか? では、その全体の概要について お話ししましょう。

PSAは、前立腺で特異的に産生される酵素である「Prostate Specific Antigen」の略語です。この酵素の機能は、射精後に精液をゲル状から液体に液化することです。 PSAは前立腺組織に多く存在し、血液中では濃度が低いため、このPSA酵素が血清中に入り、血液検査で検出されることは、前立腺組織が損傷されている状況を意味します。たとえば、良性前立腺過形成、前立腺の感染、および若干の軽微な触診などの条件は、「偽陽性」と呼ばれる程度に、この検査値を上昇させます。

有名な米国の論文に話を戻しましょう。前立腺がんスクリーニングの目的は、適切に治療が成功する、ハイリスクの限局性がんを見つけ出すことです。では、低リスクのがんを気にしないのはなぜでしょうか?答えは非常に簡単です。このがんがあなたを死に至らしめる前に、あなたは他の原因で亡くなる可能性が高いからです。ほとんどの場合、前立腺がんには症状がなく、調査した死後の解剖検査では、他の原因で死亡した男性の最大33%から前立腺がんを発見されています。リスクの高いがんを見つけるための検査として着目するならば、スクリーニング検査の恩恵を受けるのは1,000人のスクリーニング中の男性の約1人に過ぎず、70歳以上の男性をスクリーニングする場合については、(他の原因で死亡した患者の33%から前立腺がんが発見されることから)メリットはないのです。

PSAスクリーニングテストが有害で不必要であると判断される状況は、PSAの結果が偽陽性と出た際に始まります。次の精密検査に進む際には、まず第一に心理的障害があり、次に前立腺生検(細胞を切除する精密検査)を実施した場合の合併症としては、痛み、血尿、血性の射精、感染などに苦しむ可能性があります。さらに、前立腺除去手術を実施した場合の合併症においては、勃起不全や尿失禁などを引き起こします。

だから何をすべきでしょうか?あなたが男性で、55〜69歳の年齢層である場合は、主治医と話し合い、事前に一緒に検査や治療の決断を下すことをお勧めします。
あなたが選択できます。検査結果に問題が生じた場合や質問や相談がある場合は、どうぞ私のオフィスに来てください。

 

Dr. Soarawee Weerasopone

Minimally invasive Urologist / 微创泌尿科医生 / 低侵襲性医療 泌尿器科専門医

Royal Phnom Penh Hospital / 曼谷皇家医院